東京は中古マンションが多く特に需要が高い人気エリアがあります

ここ数年で円安、景気回復などの経済面での改善に加えてオリンピックの開催など東京の不動産に関しては非常に良好な環境が整ってきています。土地面積の限られる都心部においては一戸建てよりはマンションに住まうのが大勢で、数多くのマンションとくに最近ではタワーマンションが建設されてきました。新築マンションに関してはここ最近にきて資材価格の高騰や人件費の増大などが原因で価格が高騰している上に供給量も伸びていません。都心回帰の現象も相まって東京に多く流入している人の受け皿となっているのが中古マンションです。

日本各地を見ても最も取引量が多く、その価格水準もトップクラスです。

しかし一方で、東京の中でも場所によって特徴が異なりますので、人気エリアを中心に紹介していきます。まず中古マンション市場において最も人気があるのは港区です。六本木や麻布といった高級住宅地には会社役員や芸能人が多く住んでいることに加えて、外資系企業も多いため外国人も多く住んでいます。さらに海外からの投資マネーも流入しやすいことから、高額での取引が行われています。

平均すると中古市場における売買の坪単価は400万円ほどになっており、富裕層でなければなかなか手が出にくくなっています。

しかし、湾岸エリアの芝浦や台場などでは比較的安い中古物件も出てきていますので注目していきたいところです。続いて人気なのが千代田区です。皇居や官公庁が多く建ち並ぶこのエリアでは政治家や財界人が多く住むいわゆる番町エリアなどが有名です。なかなか中古市場に物件が出てこないことからも、希少性が高く資産価値を保っていることがうかがわれます。

いま注目を浴びているのは目黒区です。旧来武家屋敷も多く、近年では交通のアクセスも非常に良いなど取引価格が上昇してきています。

最後に、中央区を紹介します。日本橋や銀座などを抱え、仕事と住まい両面で東京らしい生活がおくれるこの場所はまさに日本を代表する立地であると思われます。

ブログパーツ

現在の時刻